ミ・チ・シ・ル

今後のキャリアや
ワークライフスタイルに、
ちょっぴりモヤモヤしている
女性のためのWEBマガジン。

2016.10.11

心理学を上手に活用!コミュニケーション上達テクニック

どんな仕事に就いていても、円滑な人間関係を築くためのコミュニケーションスキルは必要です。とはいえ、誰にでも苦手な人はいるもので、うまくやっていくのはなかなかむずかしいもの。そこで利用したいのが、心理学を利用したコミュニケーションテクニック。心理学というとハードルが高いと思われるかもしれませんが、今回は誰でもすぐに実践できるように会話例も掲載しました。社内外の人と接するときに、活用してみてはいかがでしょうか。

「認知的不協和作用」を活用して、親しみ力UP!

「頼みごとをする」というと、「図々しいと思われるかも」と考えがちですが、実は逆。もちろん、相手が忙しすぎたり、落ち込んでいるときは別ですが、頼みごとをされると自然と頼んだ相手に好感を抱くようになります。

この方法は心理学でいう「認知的不協和作用」を利用したもの。認知的不協和作用とは、矛盾を抱えた状況で起きる不快感を解消しようと、行動や考え方を改めることです。人は頼みごとをされて、それを受け入れると、「なぜ、この頼みごとを聞いたんだろう」という葛藤を抱きます。

それをなんとか解消しようとしたとき、「あの人は悪い人じゃないみたいだし、応えてあげよう」「感謝してくれているし、これからは見る目を変えてみよう」といったように、“好ましく思おう”という気持ちが働くのです。実際の会話で実践法を紹介します。

自分:「田中さん、いまちょっとよろしいでしょうか?」

田中:「構いませんが、どうしたんですか?」

自分:「以前、A社に企画を提案したことがあると聞いたのですが、見せていただいてもいいですか?」

田中:「うーん、ずいぶん前のだから、どこにあるか探してみなといけないな~」

自分:「すみません。そこを何とかしていただけないですか? ぜひ拝見したいと思いまして……」

田中:「しょうがないな。じゃあ、ちょっと探してみるよ。今日中にはメールで送っておくから」

自分:「わー、ありがとうございます。とっても助かります。うれしいです!!」

どんな相手でも、フラットな気持ちで自然と親しみやすく声をかけたほうが良いのです。臆せずトライしてみてください。 

「承認欲求」を満たして相談力UP!

【心理学2】10736004631.jpg

「頼みごとをするのは、やっぱりハードルが高い」という人は、質問や相談を持ちかける方法をおすすめします。ただし、その場合はちょっとした準備が必要です。まず、質問や相談をする前に、相手の得意な分野や好きなことをリサーチしておきます。そのほうが相手のプライドをくすぐれるからです。誰でも人に物事を教えるときには、まんざらでもない気分になります。

このプライドがくすぐられて気持ちが満たされた状態を「承認欲求の充足」といいます。「どうか教えてください」という低姿勢でのぞむと、さらに相手は気分を良くしてくれるでしょう。

また、このときは会話を弾ませることもポイントとなりますから、イエスかノーかで答えられるような質問(クローズクエスチョン)ではなく、フリーアンサーで答えてもらえるようなもの(オープンクエスチョン)にしなくてはなりません。

「山本さんは、ワインにくわしいと聞きました。実は、今週末に友人のホームパーティーがあって、ワインを持っていきたいのですが、どんなものがおすすめですか?」

というように、得意なことを話せるシチュエーションづくりが必要です。話がどんどん進んでいったら、「山本さん。今度、会社帰りに一緒に選んでいただきたいのですが、よろしいですか?」と相談に持ち込めば、より親しくなれます。「相談にのってあげられるのは自分しかいない」というような状況がつくりだせれば、完璧です。

「相補性の原理」を利用して補完力UP!

【心理学3】07900000433.jpg

事前に相手のリサーチができる状況なら、「相補性の原理」も、かなり有効な心理テクニックです。相補性の原理とは、お互いの得意なことと不得意なことを補い合う関係性をつくって、親密さを増すというもの。つまり、自分の弱点を相手の強みでカバーしてもらい、逆に自分の強みで相手の弱点をカバーしてあげる関係をつくるのです。実際に会話例で見てみましょう。

上司:「私は英語が苦手で困るシーンがよくあるんだよ。君は得意じゃなかったかい?」

自分:「はい、英語は得意です。ビジネス英語にも自信があります」

上司:「そうか、助かるよ。実は英語での文書作成を頼める相手を前から探していたんだよ」

自分:「まかせてください。ただ、英語は得意なんですが、文書をつくるのが苦手で…。日本語で下書きを書いていただけませんか?」

上司:「わかった。文書作成は私の得意分野だ。よし、今度の外資系企業は私と一緒に動いてくれないか?」

このような関係性ができれば、上司もなにかと自分の面倒をみてくれるようになります。こうなれば相手から自分に歩みよってくれることにもなるのです。うまくいけば、上司と師匠と弟子のような絆がつくれるかもしれません。

 

心理学を利用するというと、ちょっとあざといように思うかもしれませんが、相手への気づかいととらえることもできます。実際に、今回の例では相手の事情を察しつつ、こちらが気を回しているという構図になっています。コミュニケーションスキルは処世術として大切なもの。ぜひ、今日から実践してみてください。


参考:『「気がきく人」と思わせる103の心理誘導テクニック』神岡真司著/角川フォレスタ

月間ランキング