ミ・チ・シ・ル

今後のキャリアや
ワークライフスタイルに、
ちょっぴりモヤモヤしている
女性のためのWEBマガジン。

2016.07.29

自分のことがもっとよく分かる! 「キャリアの棚卸し」にチャレンジしよう

「今の仕事に不満があって、すぐに転職したい」というわけではないけれど、「自分のキャリアの進め方は本当に現状のままでいいのかな」と、将来に漠然とした不安を抱くことはありませんか? 実は、そう思い立ったら、その日が吉日。一度、ビジネスパーソンとしての自分の現状を客観視して、「キャリアの棚卸し」をしてみましょう!

どうして「キャリアの棚卸し」が必要なの?

「キャリアの棚卸し」とは、これまでに携わってきた仕事・業務を振り返って、自分ができること・自分の強み・これからやりたいこと……などを整理し、今後のキャリアプランを組み立てる作業のこと。この先、より有意義に仕事をし、満足のいくビジネスライフを実現するために不可欠な作業ですが、「一度もやったことがない」という方もいるはず。でも、いざ転職を考えた際に、自分のアピールポイントを把握するためには必ず必要な作業ですし、1〜2年に1回は、定期的に行っておくことがベターだと言われています。

というのも、キャリアを見直して自己分析ができていないと、何を目的に仕事をしているのか、あるいは転職活動をしているのかが次第にわからなくなり、混乱を招くからです。せっかく転職したのに、「やりたいこととは違った」「自分の能力がまったく活かせない……」なんてことになったら元も子もありません。仕事へのモチベーションを維持するためにも、ビジネスパーソンならばコンスタントに「キャリアの棚卸し」をしておくことが重要なのです。

キャリアの棚卸しに必要な要素

キャリア11021006260resize.jpg
では具体的に、どのように「キャリアの棚卸し」をすればよいのでしょうか。まずは、「これまでにどんな仕事をしてきたか」を振り返り、自分の職歴を書き出してみましょう。

  • 仕事を通してどんなことを習得したか・何を学んだか
  • どういった業務をしているときにやりがいを感じたか
  • どんな仕事をしているときに自分の能力が発揮できたか
  • 何の作業が苦手か・モチベーションが上がらないか

などを、どんどん書いてみます。このとき、職歴と自分がこれまで培ってきたスキルや強みを混同しないように注意してください。書式などは気にせずに、思うままに書いてみましょう。書き終わったら、そこから導き出せるビジネス上の

  • 自分の強み
  • 自分の弱み

を整理していきます。これも自由に、好きなように書いて本当の自分を明らかにしていきましょう。そして最後に、この先のビジネスライフについて考えていきます。

  • 理想とするワークスタイルはどんなものか
  • 今の自分が目標とするものは何か

など、考えを詰めていきます。集中すれば数時間でできますし、「じっくり考えたい」という方は、お盆休みなどの連休を利用して「キャリアの棚卸し」をしてみてもいいかもしれません。

キャリア診断ツールを使ってみるのも一つの手

「自分ひとりでは上手く考えがまとめられない」「何か専用のシートのようなものがあったほうがやりやすい」という場合は、インターネットで配布されているチェックシートやワークシートを利用してみると良さそうです。

オススメ!
 

これらのシートは、ダウンロードして書き込んでいくだけでお手軽に「キャリアの棚卸し」ができますよ。また、人材派遣会社などのエージェントに相談してみるのも◎です。

「キャリアの棚卸し」を行うことで、今後のキャリアプランが確信的なものとなり、漠然とした将来の不安が解消できること、間違いなし! 定期的にトライしてみてください。

月間ランキング